義歯

義歯とは

義歯とは

義歯とは、いわゆる入れ歯のことです。広範囲で歯の失っているケースにおいても外科手術などで身体への負担をかけることなく、欠損を補うことができます。
歯を失った場合の治療にはインプラントやブリッジ、トランスプラントといった方法もありますが、患者さまの口の状態やご要望によっては義歯による治療をおすすめします。

当診療所では、患者さまのお口にぴったりとフィットし、噛みやすい精巧な義歯を作製します。現在使用している義歯に不満がある方も、ぜひご相談ください。

当診療所がおすすめする義歯

一般的な部分入れ歯は、「クラスプ」とよばれる金属のバネを、周囲の歯に引っかけることで入れ歯を支えています。しかし、この金属のバネは、思いっきり笑ったときなど、口をあけたときに目立ってしまうため、見た目を気にされる患者さまも多くいらっしゃいます。
当診療所ではそのような方に対し、金属のバネを使用せず、自然な見た目を実現する部分入れ歯「ノンクラスプデンチャー」をおすすめしております。

ノンクラスプデンチャーの特長

ノンクラスプデンチャーは、特殊なプラスチックで作製した義歯の歯肉部分を、歯と歯肉にぴったりと吸着させることで固定する部分入れ歯で、下記のような特長があります。

見た目が自然

金属のバネがなく、歯肉部分を再現したピンク色のプラスチックが歯肉と馴染むため、入れ歯であることが目立ちにくい自然な見た目を実現します。

周りの歯への負担が少ない

バネを周囲の歯に引っかけて固定する必要がないため、周囲への歯の負担を少なくすることができ、歯の健康を保ちやすくなります。

快適な装着感

入れ歯自体が一般的な部分入れ歯よりも薄くて軽いので、装着していても違和感が少なく済みます。また、素材である特殊なプラスチックの弾力性が口の動きに合うため、会話や食事もスムーズにできます。

ノンクラスプデンチャーはこんな方におすすめ

  • 金属のバネの見た目に抵抗がある方
  • バネによる唇や舌への違和感が気になる方
  • 金属アレルギーがある方
  • ブリッジなどで健康な歯を削りたくない方

義歯の種類

すべての歯を失っている場合には「総入れ歯」、いくつかの歯を失っている場合には「部分入れ歯」で欠損を補います。
保険適用と保険適用外で義歯の素材や歯肉部分の形態が異なります。保険適用外の治療では、より機能性と審美性に優れ、患者さまのお口の状態とご要望に合うタイプの義歯をご選択いただけます。

バネが金属製の部分入れ歯

保険適用の部分入れ歯で、金属製のバネを周囲の歯に引っかけることで固定します。バネが金属製なので口をあけたときに目立つ場合があります。

プラスチック製の総入れ歯

保険適用の総入れ歯で、入れ歯を固定する歯肉部分がプラスチック製です。強度を出すために全体に厚みがあり、味覚が感じにくいことがあります。一方で、修理や調整がしやすいというメリットもあります。

ノンクラスプデンチャー

バネを使用しない部分入れ歯です。歯肉部分に弾力のある素材を使うことで、入れ歯を固定します。金属を使用しないので審美性が高いだけでなく、金属アレルギーの方でも治療できます。

金属床義歯

入れ歯を支える口腔上壁部分が金属で作られた総入れ歯です。金属は強度が高いので、口腔上壁部分の厚みを薄くすることができます。装着した際の違和感が少なく、発音もスムーズにできます。また、金属は熱を伝えやすいので、食べ物の温度をしっかりと感じることができます。

シリコーン義歯

入れ歯を支える口腔上壁部分が生体用のシリコーン製の総入れ歯です。シリコーンの弾力が歯肉に吸着し、入れ歯をしっかりと固定します。また、シリコーンは軟らかいため、噛んだときに歯肉にかかる負担が少なく、痛みを感じにくいのが特長です。

Page top
京都三条大橋歯科診療所
所在地 〒605-0009 京都府京都市東山区三条大橋東入大橋町115 1F
TEL 075-752-0007
受付時間 火~土9:30~12:30 / 14:00~19:30
※日曜日の診察は矯正・インプラント手術等の専門外来のみ。
休診日 月曜日・祝日
 
9:30~12:30 -
14:00~19:30 -
  • 初診の方
  • 再診の方