インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、歯を失った場合に、その機能を回復するためにチタン製の人工歯根を顎骨に埋め込み、そこに人工歯を取り付ける治療方法のことです。また、人工歯根のことをインプラントともいいます。

インプラント治療では、顎骨と埋め込んだインプラントが結合して固定されるため、人工歯でも天然歯と同じような感覚で噛むことができます。
さらに、周囲の歯にバネをかけて支えるなど、ほかの歯を使用することがないので、自然な見た目を回復することができます。

入れ歯やブリッジなど、歯を失った場合の治療方法は他にもありますが、インプラントがもっとも天然歯に近い見た目と噛み心地を回復させることができる方法であるため、 入れ歯に抵抗がある方や、入れ歯が合わずに悩んでいる方、自然な見た目を追求したい方などにとくに選択されています。

当診療所で使用しているインプラント

当診療所で使用しているインプラント

インプラントにはさまざまな種類がありますが、当診療所では、ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステムを使用しております。
ブローネマルクシステムは、スウェーデンの医学者であるブローネマルク博士が、チタンと骨が結合することを発見したことがもとになって開発された世界初のインプラントシステムで、1965年から臨床応用が開始されています。
世界初のインプラントシステムなので、もちろん臨床実績はもっとも長く、これまで1,000万人以上の患者さまの治療に使用されており、世界でもトップのシェアを誇っています。
また、幅広い症例に対応できるのもブローネマルクシステムの特長です。

インプラントは患者さまの大切な体の一部となるものです。当診療所では、患者様さまに安心して治療を受けていただくために、信頼できる実績があり、より安全な治療を可能にする インプラントシステムだけを使用いたします。

マイナーなインプラントを使用するリスク

マイナーなインプラントを使用するリスク

費用が安いからといってマイナーなメーカーのインプラントシステムによる治療を受けることには、リスクがあります。
なぜなら、マイナーなメーカーの場合、人工歯を固定するためのネジなどのパーツが独自のもので、他のメーカーのものと互換性がない場合が多いからです。
たとえば、万が一治療後にインプラントにトラブルが起こり、引っ越しや長期出張などで治療を受けた医院に行けない場合、他の歯科医院で適切な処置が受けられない可能性が高いのです。また、マイナーであるということは、臨床実績も十分にあるとはいえず、安全性の面でも不安があります。
安心して長くインプラントを使い続けるためには、信頼できるメーカーのインプラントによる治療が受けられる医院を選択されることが大切です。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング

患者さまのお悩みや治療に対する疑問、治療において一番望んでいることなど、患者さまのお話をじっくりと聞かせていただきます。
インプラント治療を希望される患者さまには、インプラント治療の内容やインプラントのメリット・デメリットなどについて丁寧にご説明いたします。また、口内の診察もさせていただきます。

2.精密検査・治療計画の立案

インプラント治療を安全に行なうためには、患者さまの口内の状態を詳しく把握・分析することが大切です。そのため、口内の診察、レントゲンや歯科用CTスキャンによる撮影、 噛み合わせ検査などを行ないます。
この検査結果をもとに診断を行ない、患者さまにとってベストな治療計画を立案します。
場合によってはインプラントではなく、ほかの選択肢をご提示させていただく場合もございます。

3.インプラントを埋め込む手術

患者さまに治療内容と治療期間、費用などについて十分にご説明し、同意をいただいたら、インプラントを顎骨に埋め込む手術を行ないます。
手術では、歯肉を切開して顎骨を削り、人工歯根であるインプラントを埋め込みます。局所麻酔を使用するため、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。

4.治癒期間

インプラントが骨と結合するまで安静にする必要があります。この期間のことを治癒期間といいます。
治癒期間の長さは治療部位や顎骨の状態によって異なりますが、およそ3~6ヶ月です。

5. アバットメントの装着

インプラントと骨が結合したら、歯肉を切開して埋め込んだインプラントの頭を出し、そこにアバットメントとよばれる人工歯を取り付けるためのパーツを装着します。
アバットメントが歯肉の上に露出した状態で歯肉の形を整え、縫合します。

6. 人工歯の装着

歯肉の傷が治ったら、人工歯を作製するための型取りを行ない、周囲の歯に調和する形と色の人工歯を作製して、アバットメントに取り付けます。

7.メンテナンス

インプラントを支える歯肉や顎骨が歯周病にかかると、最悪の場合にはインプラントが抜け落ちてしまいます。
インプラントを長く使い続けるために、歯科医師の指導に従った正しい歯磨きに加え、定期的に医院にてメンテナンスを受けていただきます。

他の治療との違い

他の治療との違い

歯を失った場合の治療方法としては、インプラントのほかにブリッジと入れ歯があります。それぞれに特徴があり、インプラントにもメリットだけでなくデメリットもあります。 それぞれの治療方法の違いを把握したうえで治療方法を選択することが大切です。

  インプラント ブリッジ 入れ歯
噛む力 顎骨と結合して固定するため、安定感があり、天然歯と同じ感覚と力で噛むことができます。 失った歯の両隣の歯を支えにして噛む機能を回復させる方法なので、支えとなる歯に問題がなければ、違和感なく噛むことができます。 安定感に優れず、部分入れ歯の噛む力は天然歯の3~4割ほど、総入れ歯では1~2割ほどになるといわれています。
見た目 周りの天然歯と見分けがつかないほど自然な見た目を追求できます。 保険診療では、部位によっては銀歯になります。
自由診療で人工歯の部分にセラミックなどの素材を使用すれば、自然な見た目にできます。
保険診療の部分入れ歯では、金属のバネが目立ちます。
総入れ歯の場合も見た目が自然とはいえません。
自由診療ならある程度見た目を改善できます。
費用 保険は適用されず、ほかの治療方法よりも費用がかかります。 保険適用で治療することができます。 保険適用で治療することができます。

装着感

口の中に違和感がなく、味覚にも影響はありません。 口の中に違和感がなく、味覚にも影響はありません。 使い始めはとくに違和感が大きく、慣れるまでに時間がかかります。
総入れ歯の場合、熱や味が感じにくくなります。
治療期間 治療部位や本数にもよりますが、3ヶ月~1年ほどかかります。 口の状態にもよりますが、1~3ヶ月ほどです。 口の状態や入れ歯の種類にもよりますが、2ヶ月ほどです。
他の歯への影響 人工歯はインプラント体が支えるので、ほかの歯に影響を与えることはありません。 失った歯の両隣の歯を、人工歯の支えとするために削る必要があります。
削ったうえに支えとなるため、その歯の寿命を縮めてしまいます。
部分入れ歯の場合、バネを周囲の歯にひっかけて固定するため、バネをひっかける歯に負担がかかり、その歯の寿命を縮めてしまいます。
顎骨への影響 適切な刺激が顎骨に加わるため、骨がやせにくくなります。 歯を失った部分の顎骨に刺激が加わりにくいため、顎骨が退縮しやすくなります。 歯を失った部分の顎骨に過度の刺激や圧力が加わることで、顎骨が退縮しやすくなります。
Page top
京都三条大橋歯科診療所
所在地 〒605-0009 京都府京都市東山区三条大橋東入大橋町115 1F
TEL 075-752-0007
受付時間 火~土9:30~12:30 / 14:00~19:30
※日曜日の診察は矯正・インプラント手術等の専門外来のみ。
休診日 月曜日・祝日
 
9:30~12:30 -
14:00~19:30 -
  • 初診の方
  • 再診の方