矯正歯科

矯正歯科とは

矯正歯科とは

矯正歯科では、不正咬合とよばれる不自然な歯並びを、患者さまに合った矯正装置を使って正しい噛み合わせの美しい歯並びに改善いたします。
不正咬合は、そのまま放置すると、心身にさまざまな悪影響をおよぼします。歯並びが気になったら、ぜひ一度ご相談ください、

不正咬合による悪影響

  • 歯がコンプレックスになり、思い切り笑えない
  • 食べ物を十分に噛めないので、胃腸に負担がかかる
  • 歯に食べ物がはさまりやすく、歯ブラシも届きにくいため、虫歯や歯周病になりやすい
  • 歯の隙間から空気がもれて、はっきり発音できない
  • 顎関節症になりやすい

治療が必要な不正咬合

矯正治療が必要な不正咬合は、おもに以下のような歯並びです。

叢生(乱ぐい歯)

歯が顎に並びきらず、隣の歯と重なるなどして歯列が乱れている状態。

上顎前突(出っ歯)

上の歯が下の歯より著しく前に出て生えている状態。

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間にすき間がある状態。前歯の真ん中にすき間がある場合は正中離開という。

開咬

奥歯で噛み合っていても、何本かの前歯が噛み合わない状態。

過蓋咬合

前歯の噛み合わせが深く、下の歯が上の歯に隠れて見えない状態。

反対咬合(受け口)

下の歯が上の歯よりも前に出ている状態。

成人矯正

矯正治療に年齢制限はありません

矯正治療というと、子どものころに受ける治療というイメージがあるかもしれませんが、健康な歯や歯肉があれば、年齢に関係なく矯正治療を始めることができます。
当診療所の成人矯正では、目立たない装置を使うなど、患者さまのご要望やライフスタイルに合った治療をご提供いたします。
矯正治療で歯並びを整えれば、美しい口元の魅力的な笑顔を手に入れられるだけでなく、しっかりと食べ物を噛めるようになります。また、歯磨きもしやすくなるため、虫歯や歯周病などの病気にかかりにくくなり、年齢を重ねても健康な歯を保ちやすくなります。

矯正治療ですっきりとしたフェイスラインに

噛み合わせが悪いと、食べ物を噛む際に必要以上の顎の筋力を要するため、とくにエラ付近の筋肉が過度に発達し、エラが目立つようになってしまう場合があります。
矯正治療で噛み合わせを正しい状態にすると、筋肉が適切に動いてスリムになり、フェイスラインをすっきりさせることにつながります。

小児矯正

将来のための矯正治療

小児矯正では、顎の成長をコントロールし、顎や歯に将来的に悪い影響を与える噛み合わせを改善していきます。
子どもの時期に歯並びや噛み合わせが悪いと、成人してからもコンプレックスになるだけでなく、虫歯や歯周病、顎関節症を引き起こす可能性が高くなります。子どもの時期から矯正治療を開始することで、これらのリスクを予防することができます。

永久歯を抜かずに矯正できる可能性か高い

小児矯正では、顎の成長をコントロールすることで永久歯がきれいに並ぶためのスペースを確保できるため、永久歯を抜かずに歯並びを整えられる可能性が高まります。

矯正治療の流れ

STEP1

カウンセリング

患者さまの口内を診察し、歯並びのお悩みや矯正に関する疑問、ご要望などをじっくりとお聞きします。
そして、ご選択いただける矯正装置の種類や特徴、おおよその治療期間や費用についてご納得いただけるまで丁寧にご説明します。

STEP2

精密検査

レントゲン撮影と、口内および顔写真の撮影を行ないます。また、口の模型を作製するための歯型取りもします。

STEP3

診断・治療計画の説明

精密検査の結果をもとに診断を行ない、患者さまにとってベストな治療計画を立てます。
そして、その治療計画と矯正装置の特徴、治療期間、費用などについて丁寧にわかりやすく患者さまにご説明します。

STEP4

矯正治療の前処置

虫歯の治療や抜歯が必要な場合には、矯正装置を始める前に処置をしておきます。
また、歯をきれいにクリーニングし、矯正治療中の正しい歯磨きの方法についてレクチャーいたします。

STEP5

矯正治療の開始

いよいよ矯正装置を装着し、矯正治療を開始します。
治療中は1~2ヶ月に1回の頻度で通院していただき、矯正装置の調整や歯並びの状態のチェックをします。
治療期間については患者さまによって大きく異なるので、くわしくはご相談ください。

STEP6

保定

きれいに歯並びが整ったら、矯正装置をはずします。
矯正治療で移動させた歯は、そのまま放置すると元の位置に戻ろうとするため、それを防ぐために歯並びが整ったあともマウスピース型の保定装置を2~3年装着していただきます。これを保定といいます。

インビザライン

インビザライン

インビザラインは、米国のアライン・テクノロジー社によって開発された矯正システムで、目立たない透明なマウスピース型の矯正装置を使って歯並びを整えます。
その審美性の高さから、できるだけ目立たずに歯並びを整えたいと希望する患者さまに喜ばれています。

なお、インビザラインはただ見た目が優れているだけではありません。現在までに世界80カ国で導入され、300万人以上の治療実績を誇る信頼できる矯正システムです。

インビザラインの特徴

見た目を気にせずに矯正できる

インビザラインのマウスピース型の矯正装置は、透明で薄いプラスチック製なので、装着していても目立ちません。
近距離で見ても矯正治療をしていることが分かりにくいため、矯正治療をしていることを周囲にあまり知られたくない方や、人前に出るお仕事をされている方でも、安心して治療を受けられます。

矯正装置が取り外せる

インビザラインの矯正装置は、患者さまご自身で取り外すことができます。
食事をする際には矯正装置を取り外してもよいため、食べ物が装置に挟まるなどの心配をすることもなく、治療前と同じように食事を楽しむことができます。

装置による痛みや違和感が少ない

インビザラインは、プラスチックの弾力性を利用し、弱い力で少しずつ歯を移動させるため、ワイヤーを使った矯正よりも痛みが少ないといわれています。また、マウスピース型の矯正装置は薄くやわらかいため、装着しても違和感が少なくいことも特長です。

装置を付け替えることで歯を動かす

インビザラインでは、治療前にコンピュータによって矯正治療のシミュレーションを行ない、そのデータをもとに治療の段階に合わせて付け替える複数の矯正装置を作製します。装置を装着したら、約二週間ごとに次の段階の装置に付け替えていただくことで、歯を徐々に動かしていきます。

Page top
京都三条大橋歯科診療所
所在地 〒605-0009 京都府京都市東山区三条大橋東入大橋町115 1F
TEL 075-752-0007
受付時間 火~土9:30~12:30 / 14:00~19:30
※日曜日の診察は矯正・インプラント手術等の専門外来のみ。
休診日 月曜日・祝日
 
9:30~12:30 -
14:00~19:30 -
  • 初診の方
  • 再診の方