口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは

口腔外科とは、「歯、舌、口底、頬粘膜、口蓋、顎骨」といった口の中を構成する組織と、「顎関節、所属リンパ節、唾液腺」などの口に関連する器官に発生した一般的な歯科治療で対応できない疾患に対して、診断・治療を行なう診療科目です。
症状を改善したり、失った機能や形態を回復したりすることを目的として、おもに外科的な方法で治療を行ないます。

口腔外科で対応する疾患や処置

  • 親知らずの抜歯
  • トランスプラント(歯の移植)
  • 歯の破折、歯の脱臼
  • 口の中の怪我、顎骨の骨折
  • 歯から波及した炎症
  • 口腔腫瘍、顎骨嚢胞
  • 三叉神経、痛顔面神経麻痺
  • 口内炎、口内炎・扁平苔癬・白板症などの口腔内粘膜病変
  • 顎変形症

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずは、思春期後半以降から生えてくることの多い、一番奥の歯のことです。現代人は、顎が退化して小さくなっているため、親知らずが正常に生えることができずにトラブルがおきてしまうことが多くなっています。
下記のようなケースでは、親知らずを抜歯をすることになります。

真っ直ぐに生えていない

親知らずが斜めや横向きに生えていると、歯の大部分が歯肉に埋まってしまうため、歯磨きがしにくく、虫歯などの病気にかかりやすくなります。

噛み合う歯の片方しか生えていない

上顎の親知らずの場合に限りますが、その歯と噛み合う歯が生えてこなかった場合は、歯が下に伸び、噛み合わせた際に下顎の歯肉などを傷つける可能性があります。また、噛み合わせが悪くなる場合もあります。

手前の歯を押して歯並びを乱している

親知らずの生え方によっては、手前の歯を押してしまいます。その押す力がかかり続けると、前歯が動いてしまい、歯並びが乱れる原因となってしまいます。

トランスプラント(歯の移植)

トランスプラント(歯の移植)

入れ歯やインプラントを考えている方、今後、抜かないといけない歯がある方へ「歯の移植」ってご存知ですか。

トランスプラント(歯の移植)を簡単に言えば、自分の口の中での「歯のお引越し」です。
普段ほとんど役に立っていない歯が、引っ越し先ですごく活躍することがあります。
移植した歯のおかげで入れ歯やインプラントをしなくてすんだり、より小さな入れ歯や本数のインプラントで済ませられることもあります。
また、ブリッジを土台にするために健康な歯を削る必要がなくなる場合もあります。
インプラント全盛の昨今あまり話題に挙がりませんが、実はトランスプラントは、昔から行なわれていました。
そのような背景から、親知らずや埋伏歯を使った移植は、健康保険が適応される場合もあります。
あなたのお口のなかにも、今まさに、出番を待っている歯があるかもしれません。

ただ、トランスプラントは誰が行なっても同じように上手くいくわけではありません。
トランスプラントを成功させるためには、適切な抜歯や移植の技術だけでなく、術前の正確な診断と術後のきちんとした固定や感染予防の知識が必要です。
当診療所では、トランスプラントを積極的に活用していますが、実施にあたっては、まず歯科用CTを使って移植する歯とその引越し先である移植する場所の骨の形態を3次元的に正確に診断します。
移植が可能と判断できれば、大学病院などの口腔外科で培った安全な技術で抜歯・移植・移植歯の固定処置を行ないます。
その後に痛みや感染予防の抗菌薬処方を行ないます。
最近では、色々な薬を内服している方がいらっしゃいますので、安全な薬を選択することも非常に大切です。
そこで当診療所の歯科医師は、日本歯科薬物療法学会認定歯科医師でもありますので細心の注意を払って処方を行なっています。
関心のある方は、お気軽にご相談ください。

なお、骨の状態によっては移植した歯が術後短期間で脱落する場合や、数年~数十年後に歯根吸収で脱落する場合もありますので、実施に当たって他の治療方法との比較のうえ、治療の選択を行なっていただく必要があります。

また、トランスプラントは希望すれば誰もが治療を受けられる治療ではありません。
トランスプラントを行なうには、下記の条件を満たす必要があります。

トランスプラントの条件

  • 親知らず・転位歯など、今後使う予定のない歯がある
  • 移植する歯が健康な状態である
  • 移植する歯の形が複雑ではない
  • 歯を失った部分の顎骨が健康で、十分な骨量がある
  • 移植する歯と歯を失った部位の形があう

これらの条件を満たしているかを確認するために十分に検査を行ない、安全に治療が行なえると判断した時には、トランスプラントによる治療をご提案させていただきます。

移植した自分の歯は、インプラントと同じくらいよく噛めます。
親知らずや埋伏歯の移植は、保険診療の適応となる場合もあります。
まずは、ご相談ください。

Page top
京都三条大橋歯科診療所
所在地 〒605-0009 京都府京都市東山区三条大橋東入大橋町115 1F
TEL 075-752-0007
受付時間 火~土9:30~12:30 / 14:00~19:30
※日曜日の診察は矯正・インプラント手術等の専門外来のみ。
休診日 月曜日・祝日
 
9:30~12:30 -
14:00~19:30 -
  • 初診の方
  • 再診の方